仕事がデキないのは、女だから or 男だから の話

2018年05月20日

 性による差別・不当な扱い。つまりジェンダーの話です。

 問題があるとしてよく取り沙汰されるのが、

 女だから仕事がデキない。

 男だから繊細な仕事はむいていない。

 などの、仕事の向き不向きの判断基準が性別、性差という問題です。

 反証としては、

 仕事がデキる女の人はいる。

 繊細な配慮のデキる男の人はいる。

 があり、女だから、男だから「仕事がデキない」という理由は否定されます。

 生きていく上、仕事していく上で、身に付いたスキルだから、
 性別にはあまり関係ないのでしょう。

 ところがここでちょっとひっかかる事態が生じます。

 実は、
 女だから、男だからというのは、「仕事がデキない条件」になります。

 裏を返せば、
 女でなければ、あの人は仕事がデキたろうに。
 男でなければ、もっと配慮できたろうに。

 みたいな意味を含みます。

 今、この条件が取れて、性差なく、性別関係なく、

 ただ一点、

 デキない。

 に焦点を合わせると、

 女であっても、男であっても・・・

 となります。

 性によって役割・能力を決めつけ、固定するジェンダーは望ましくありません。

 その一方で、ジェンダーは、使い方によって利益になることもあるようです。
 
 女だから自動車の運転が苦手ということで、上手であるはずの男に運転を任す。
  ※運転が上手になる努力をしなくてすむ。嫌いな運転を任せられる。

 男だから、配慮のいる仕事は女に任す。
  ※ご近所づきあいする努力をしなくてすむ。気遣いの苦労から解放される。
 
 女だから、男だから、デキない仕事があるのは当たり前だ。
  ※デキないことなんだから頑張る必要はない。楽でいい。

 利益があるから、ジェンダーはありつづけるのかもしれません。 
 
 

タグ :ジェンダー

同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 その人は、その人たちの典型例ではないかもしれないこと (2020-04-01 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
仕事がデキないのは、女だから or 男だから の話
    コメント(0)