2018年04月30日

オトナになるな! そして 子どもであるな! の話

 久しぶりにTA・交流分析の話です。

 TA・交流分析の禁止令の理論では、
 「○○するな!」「△△であるな!」という命令調のメッセージを自分に下しながら人は生きている。

 と考えます。

 否定の形で表された行動規範として、

 または否定の形で自分のありようを表して、

 自分を律するのですね。

 これらの自分を律するメッセージを禁止令と呼んでいます。

 禁止令はいくつもありますが、
 今回は、以前から気になっていた禁止令の組み合わせのお話しです。
 
 それは、

 オトナになるな! と 子どもであるな!

 オトナになるな! は、
 成長するな! と同じ意味で、いつまでも子どもであれ! というメッセージです。

 源泉は、
 自分で考え、感じ、判断し、行動するオトナに成長しないで、
 (オトナ・親の)私が考え、感じ、判断し、望む行動をするような子どもであり続けなさい。
 という周囲のオトナ・親からのメッセージです。

 一方の子どもであるな! は、
 自由な子どもであるな! 無邪気な子どものように振る舞うな! という意味合いで、
 素の自分でいるな! 正直な自分でいるな! というメッセージです。

 いずれも源泉は、
 私の言う通りにしなさい!
 という周囲のオトナ・親からのメッセージです。 

 2つに共通するのは、
 自分らしくあるな! 
 周囲の人に従いなさい!

 という意味合い。

 だから、
 この命令に従っている人は、周りの人の言うことを基準にして考え、感じ、行動します。
 概ね周りの人の判断に従います。

 自分の考えがないので、
 君はどうしたいの?
 と訊かれるととっても困ります。

 素直な自分の気持ちを感じないようにしているので、
 好きとか嫌いとかが分かりづらくなっています。
 きついとか無理してるとかも。

 だからつい頑張りすぎてしまいます。

 アダルトチルドレンに代表されるような生きづらさを抱える人は、この2つの禁止令を持っているように思えます。

 成長してもいいみたいだよ。
 素直な自分でいてもいいみたいだよ。
 今よりちょっとばかし。

 こんな感じで、自分に許可を与えると、少し楽になるかもしれません。
 



同じカテゴリー(交流分析)の記事画像
自分を守る保護膜の話
フツーの社会と私の心はまったく合わないのでした
世界からやって来る!!
交流分析の世界大会あります
同じカテゴリー(交流分析)の記事
 早く終われ! と思う話 (2018-09-15 06:00)
 怒りの裏の悲しみの話 (2018-06-05 06:00)
 自分を責めるフラッシュバックのこと (2017-12-27 06:00)
 人を信じることがものすごく難しい話 (2017-12-18 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
オトナになるな! そして 子どもであるな! の話
    コメント(0)