フツーになりたいというよりフツーを知りたい話

2018年02月25日

 カウンセリングなどの支援現場で、

 フツーになろうと頑張る必要はない。

 ありのままでいい。

 というアプローチがあります。

 自分以外のナニモノかになろうと精一杯努力しても、結果が出ず、

 むしろ心と身体を傷めることからです。

 だから、
 フツーになるより、自分になっていくことが勧められますね。

 さて、
 これとは別に、単純にフツーを知りたい欲求があることもあります。

 フツー、どうするの?

 一般的にはどうなの?

 ただ知りたい。

 常識を。

 一般的なやり方を。

 共通の考え方を。

 虐待など、フツーとは違う環境で育った人たちは、この感覚を持っているかもしれません。

 節分って、フツーどうするの?

 ひな祭りって、フツーどんな感じ?

 ただ知りたい。

 なぜなら知らないから。

 フツーに意識を向ける理由は、フツーになりたいだけじゃなくて、

 フツーを知りたいだけのこともあるようです。

 一概に、
 他人のことは気にしなくて、自分の花を咲かせなさい。

 とはいかないことを知っておくことは、支援する時に大事だと思っています。


タグ :フツー

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フツーになりたいというよりフツーを知りたい話
    コメント(0)