2017年12月27日

自分を責めるフラッシュバックのこと

 もっとやれたよね!

 なにやってんの!

 やっちゃいけなかったよね!

 みたいに、過去に自分がやったことを瞬間的に思い出し、

 自分を責める形のフラッシュバックがあります。

 ふとしたきっかけで、自分の日常生活の中にその映像が侵入してきて、

 一気に自分をさいなみます。

 このスタイルのフラッシュバックに長年苦しんできました。

 子どもの頃からです。

 最近ふと気づきました。

 やれて当然ではなかったんだ。

 まだ、到らなかったんだ。

 未熟だったんだ。

 小さかったんだ。

 それが実態。

 ありのまま。

 しようがない。

 それでOK.

 自分が設定したOKライン。
 それは完璧な言動。

 でも完璧にはほど遠かったのです。
 現実の私は。

 そしてそれは普通。

 高すぎる達成目標を後から設定する癖のある私聞風坊は、いつも未達状態。

 私NGなのでした。

 後からハードルを上げて不合格にするのだから、頑張りようもありませんね。

 このフラッシュバックの目的としてはただ一つ。

 自分にダメ出しすること。

 この意図に対抗するために、あるがまま、完璧でない自分を認めてみました。

 そしたら、フラッシュが昔ほどはなくなりました。

 降参する。

 大事な戦略かもしれません。

 TA・交流分析的な視点だと、子どもであるな、するな、やるならば完璧に! の命令に縛られていたとなるかもしれませんね。 

 



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 結果を固定しているかどうかが重要な話 (2018-08-10 06:00)
 成功と失敗の原因を何にするかの話 (2018-08-05 06:00)
 眠れないのは考えることに喜びを感じるからかもしれない話 (2018-07-30 06:00)
 支援者に必要なのは想像力だと思うのです。 (2018-07-20 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
自分を責めるフラッシュバックのこと
    コメント(0)