2017年10月27日

イジメとからかいの境目の話

 その行為は、
 イジメているのか、からかっているだけなのか?

 境目はあいまいです。

 そもそも、多少のからかいはOKという認識だからですね。

 ちょっとしたいたずらは許されるのが人間、人類としてのデフォルトだからなんでしょう。

 でも、やりすぎてはなりません。

 やり過ぎると、イジメになったり、暴力になったりします。
 だから、その境目はとても大事。
 そしてそれはとてもあいまい。

 さて、
 その境目の基準となるのは何か?

 それは、からかわれた人の気持ち、思いとなるようです。

 そのため、
 相手が嫌がったらなんでもイジメになる。

 みたいな風潮があります。

 かつて、セクハラが知られ出したころ、女性に「髪切った?」と訊くことがセクハラだと物議をかもしたことがあったように記憶しています。
 「髪切った?」
 と聞かれた女性が少しでも嫌な気持ちを持ったら、即セクハラになってしまう。大問題だ! みたいに。

 そのため、女性のことに対して何も口にできない雰囲気も一時期ありました。

 イジメについても、相手が嫌だったらイジメになるという理屈で言うと、
 嫌だと思えばなんでもイジメになるし、

 もし、
 嫌だと思いません。
 と返答すれば、どんなひどいことでもイジメではなくなりそう。
 
 そんなこんなで、嫌だと思えばハラスメント・イジメになるという説には私聞風坊は慎重なのです。

 そんな折、やめてほしいと思えばイジメになると言う判断があると知りました。

 LITALICO発達ナビさんの記事です。

 これによると、
 「悲しい」や「やめてほしい」と思うかどうかも判断の基準になるとのことです。

 嫌だけど、我慢できるからいい。と言う理由で嫌とは思わない・言わない場合でも、

 悲しい。とは感じるかもしれません。
 なんか涙が出る。うつむく。言葉にならない元気がなくなり感から。

 そして、

 やめてほしい。

 そうじゃないやり方ならなおいい。もう少し軽くなら大丈夫。
 だから、今のはやめてほしい。今までのはやめてほしい。

 こんな感じだと、どんな風にしたら、よい関係が築けるかの提案ができそうです。

 髪切った? と言う時は、さらりと言ってほしい。失恋しただろうなんてうがった思いはナシで。
 みたく。

 今回は、相手に害を加え続けることを主な目的とする悪意を持ったイジメとは別の、からかいがイジメになってしまう場合について考えました。
 前者は純粋な暴力です。
 


タグ :イジメ境界

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話 (2018-10-05 06:00)
 ありのままでいい。がズレる話 (2018-09-25 06:00)
 メンタライジングと「こもって、よし!」のこと (2018-08-15 06:00)
 結果を固定しているかどうかが重要な話 (2018-08-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
イジメとからかいの境目の話
    コメント(0)