2017年10月24日

専門家が連携するための研修を受けたのでした

 この間、宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座さんが主催する

 他職種連携教育コーディネーター研修の初回を受講したのでした。

 現在の医療や介護は、専門職同士が緊密に連携する必要性が高くなっていることから、実施されているのだそうです。

 これまで、
 医師や看護師やその他医療関係者、介護関係者が患者さんや利用者さんへのサービスの質を高めるために

 どんどん専門分化して、

 どんどん高度な知識と技術を習得していき、

 仕事の守備範囲が確立されてきたがゆえに、
 ※専門職同士の垣根が高くなった。

 同じような立場の専門職とのつながりが薄くなってしまい、

 結果、患者さんや利用者さんへの全体サービスが影響を受けているようなのです。

 その問題を解決するために、求められたのが専門職同士の連携をとる仕組みを作り上げる人材なのだそうです。

 印象に残ったのが「言葉」の問題です。
 
 実は、
 専門がちがうと、仕事中フツーに使っている「言葉」が違っているので、
 コミュニケーションが成り立たない場合が少なくないとか。

 医師・看護師はシンカテが簡単に分かるし、
 作業療法士はクッキョク、シンテンを頻繁に使うし、
 
 でも、それ以外の人たちにとっては???な言葉なんです。
 ※上記はそれぞれ、心臓カテーテル、曲げる、伸ばすです。

 だから、幼稚園児にも分かるような言葉を使ってコミュニケーションするようにしているのだそうです。

 「言葉」が通じない。

 これは、異職種専門職同士に限らず、患者・利用者に対しても同じようです。

 講座では、患者家族になってみる機会があったのですが、その立場になると、
 とても親切で熱心な専門家の言うことが半分も分かりませんでした。

 専門家の「言葉」を誰かに一つ一つ解説してもらう必要を感じました。

 「言葉」の問題は、とても大きな問題のようです。

 さて、
 ひきこもり支援も、単体の専門職、専門機関だけで担えるような、簡単な話ではありません。

 専門家が連携しなければ、事態は改善しない場合がほとんどでしょう。

 宮崎には、ひきこもりネットという専門職連携の仕組みがありますが、講座を受講して、

 現在のネットをもっと機能させつつ、もっと連携先を開拓せねばと思ったのでした。

 「言葉」を大切にしながら。



同じカテゴリー(研修受講)の記事
 失った痛みをケアする講演を聞いたのでした。 (2017-04-13 06:00)
 デートDVのこと (2017-03-07 06:00)
 トラウマケアの研修受けたのでした (2016-12-04 06:00)
 子どもの貧困のこと (2016-12-01 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
専門家が連携するための研修を受けたのでした
    コメント(0)