2017年10月09日

自分に利益のある感情の話

どうも、人には、それぞれお好みの感情があるようです。

 やたらと怒る人は、怒りの感情。

 なにかと悲しむ人は、悲しみの感情。

 とにかく喜ぶ人は、喜びの感情。

 すぐに不安になり怖がる人は、不安や恐怖の感情。

 などなど。

 行動理論によると、人が繰り返すことにはなんらかの利益があるようです。

 こう考えると、

 感情を、怒ったり、悲しんだり、喜んだり、不安で怖がったりする形で行動として表出することを

 子どもの頃から繰り返しているとするならば、

 その人にとって、その感情を感じそれをもとに行動することは、なんらかの利益があるのかもしれません。

 例えば、

 怒ると、うってかわってまわりの人が自分の言うことをきく。

 悲しむとまわりの人ががいつもより優しくしてくれる。

 喜ぶと、嫌な気持ちをスッパーンと忘れられる。

 不安で怖がると、あれやこれや思いを巡らして完璧な行動をとることが出来る。
  完璧な対応。それは親から求められた行動なので、親の期待に応えることにもなるし。

 理不尽なことをされたので怒りを感じると、悲しみや情けなさを感じなくてすむかもしれません。
 
 他の望まない感情を感じなくてすむ。

 まわりの人から関心を持ってもらえる。

 改めて考えると、子どもの頃、親などのまわりの人からその感情を持つことを推奨されてきたみたい。
  泣くんじゃない、笑うんだ。
  悲しむんじゃない、怒りなさい。
     みたく。

 その通りにすると、OKがもらえる。
    生き延びられる。

 だから、私はその感情を抱きやすい。
 それは私の、お好みの感情。

 さて、
 自分のお好みの感情を抱いている時、

 横に置いている感情。

 を知ることは、素の自分を知るのに役立つでしょう。

 まわりに迎合するために感じている感情ではなくて、

 素の自分が自然に感じている感情かもしれないからです。

 この辺のこと、TA・交流分析ではラケット感情として指摘されています。




同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 変えられるものと変えられないものを見分けてやっていく話 (2018-10-05 06:00)
 ありのままでいい。がズレる話 (2018-09-25 06:00)
 メンタライジングと「こもって、よし!」のこと (2018-08-15 06:00)
 結果を固定しているかどうかが重要な話 (2018-08-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
自分に利益のある感情の話
    コメント(0)