2017年09月09日

ひきこもらないようにしていたこと

 久しぶりにひきこもりの記事です。

 こもっている時、どんな風に暮らしていたかというと、

 どうやら、

 ずっと社会と関わり続けようとしていた。

 ようなんです。

 どんな風に?

 私は映画好き読書好きなんですが、不安に押しつぶされてそれができなくなりそうだったんで、
 無理やりにでも映画館で映画を観ていました。
 図書館に行っていました。
 買い物にもよく出かけました。

 自分の意見を人に伝えることができなくなりそうだったんで、
 Webで、アンケートに答えていました。

 人が怖くなりすぎそうだったんで、
 講演会やイベントにはよく出かけていました。もちろん無料のもの。
 公民館講座とかも頻繁に受講しました。
 
 認知行動療法的には、暴露法と呼ばれるやり方だったかもしれません。
 慣れることで、怖くなくなる。という理屈です。

 ポリヴェーガル理論で言うと、社会的関わりシステム(腹側迷走神経系)を作動させていたとなるでしょうか。
 脳の危機感知役の扁桃体はアラームを鳴らしているけど、

 人と関わる場に身を置く。
 人と関わる行動をとる。

 そういうことを心がけていました。

 実際、関わった人たちは優しい人ばかりでした。 
 今改めて考えると、社会常識的にフツーの配慮して関わってくれる人たちばかりだったのでしょうが、
 当時はそんな思いでした。

 そんなこんなおかげで、今はフツーに人と関われています。

 心と身体の状態がひどくならないようにする。
 という自分への思いやりは大事なようです。


タグ :健康不安

同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)
 トラウマケアのこと 6 筆記 (2017-08-28 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
ひきこもらないようにしていたこと
    コメント(0)