2017年08月25日

トラウマケアのこと 5 TA

 効果的なトラウマケアについて、自分の体験と照らし合わせてみるシリーズです。

 前々々回は少林寺拳法体験。
 前々回は、演劇体験です。
 前回は、自助グループです。 
 今回は、TA・交流分析です。

 複雑性トラウマとか、発達トラウマ障害とか指摘のある、幼少期からのトラウマによって、
 何かと問題が起きている場合、

 自分の身に一体何が起きているのか?
 そも自分とはなんぞや?
 ということが実感できづらくなっています。

 それに応えてくれたのが、私の場合はTA・交流分析でした。

 何が何だか分からないけど、なんかイイ感じはしない。

 これといって悪い感じはないし、フツーだけどなんかビミョーに気が楽にならない。

 そんな生きづらさを抱いている人は、そのなんかビミョーな感じの理由が知りたいと思うもの。

 謎が解ければいいと願うもの。

 その手順を知らせてくれたのがTA・交流分析でした。

 私がたどり着いた結論は、「親の自分」が批判的なために、「素の自分」のやることなすことに対してケチをつけるので、ほとほと疲れ果てていたのでした。
 もう、生きていられない。というほどに。

 そこで、批判がましい「親の自分」を、肯定的な「親の自分に」変える作業をずっとやってきたというものでした。

 トラウマを負うと、自分から離れます。
 前頭葉とかの自己認知する脳の機能が低下するんだそうです。

 だから、自分のことがよく分かりません。

 格闘技など身体を使う動作はこの体感機能を活性化させます。

 理論派のTA・交流分析は、思考することでこの機能を活性化させます。

 知的好奇心旺盛な私聞風坊は、どっぷりハマり、
 ドパミンやらエンドルフィンやらなんやらイイ感じをもたらす脳内ホルモンがいっぱい出たようです。

 トラウマを負うと、思考する力が落ちます。
 じっくり思考するより、本能的に闘ったり、逃げたりする俊敏性に重きを置くように脳がシフトするからですね。

 これが習い性になると考えない癖がつきます。
 特に自分自身の今の状態について、感じたり考えたり、言葉にしたり、
 いい状態にもっていくことについて、関心がなくなります。

 または落ち着いて物事に取り組むことが難しくなります。
 いつも俊敏にしていたい。焦り、急ぐ、速く。
 ADHDと診断される場合も少なくないと言われています。

 TA・交流分析では、その癖を治します。
 いったん「OK」と口にすることで、取り組んでいた作業をストップして、思考と感情と行動を振り返ることを繰り返します。
 そうして、最良の方法を選択します。

 こう考えると、
 私にとってのTA・交流分析は、まさしくトラウマケアでした。
 
参考:身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法
 ( べッセル・ヴァン・デア・コーク著 柴田裕之訳 紀伊國屋書店 2016)




同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
トラウマケアのこと 5 TA
    コメント(0)