2017年07月26日

自分のことを聴いてもらえるという恩恵のこと

 自助グループの最大の恩恵と言えば、

 ただ、聴いてもらえること。

 のように思えます。

 自助グループミーティングでは、

 自分の体験を話し、

 それを他のメンバーがただ聴く。

 そうして、自分の生活に役立てる。

 これが基本。

 さてその時、

 話し手はどんな思いになるか?

 自分の体験は、耳を傾けられるほどの価値があることと実感する。

 自分の体験に、共感してもらえる。

 自分の体験が、他者の役に立つ。

 体験を通して、感じたこと、考えたこと、反省したこと、行動したこと、しなかったこと、改善したこと、
 などの話を、
 口にする価値があることを体験すること。

 それは、自分の発言が誰かの役に立つことを体験することです。

 この体験は、自分の考え、感情、行動に価値を見出します。

 それは、自信へつながります。

 自助グループは、ある面、そもそも、怖くて話せない人、安全のために話してはならない、恥を感じるから口にしてはならない人、自分の話すことに価値を置いていない人の集まりです。

 そんな人たちが、

 自分の体験を、話せるようになる場。

 自分の体験に、価値を認められるようになる場。

 それまで意味がないと思っていた自分の体験に、
 苦痛や恥以外の意味、未来への意味を発見する場。

 なのです。

 自分のことを聴いてもらえる恩恵を受けた人は、

 他者への感謝の気持を持ちます。

 それは、自他への優しさ、

 思いやりを招じます。

 自他に思いやりのある人は、

 穏やかに暮らせるようになります。

 自助グループの恩恵の話でした。



同じカテゴリー(自助グループ)の記事画像
【告知】自助グループについて考えるイベントのお知らせ
大人の発達障害当事者グループShikibuのご案内
同じカテゴリー(自助グループ)の記事
 まだ会っていない仲間のことを思う話 (2018-04-10 06:00)
 批判をする時の腹構えの話 (2018-04-05 06:00)
 当事者運動の腹構えの話 (2018-03-25 06:00)
 謙虚さが大事だということを学んだ話 (2018-03-20 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
自分のことを聴いてもらえるという恩恵のこと
    コメント(0)