『名前のない生きづらさ』のご案内

2017年07月23日

 書籍のご案内です。

 いわゆる当事者は、いろいろな人たちから、いろいろな名前を付けられます。

 不登校、ひきこもり、ニート、発達障害、

 いろいろな人たちは、医師や教師や専門家や支援者や社会など、

 とにかく、自分たちの見ず知らずの人たちがほとんど。

 そうして名付けられて納得がいっているかというと、

 そうでもない。

 というか、ほとんど納得がいってない。

 なぜか?

 ズレてるから。

 ということがテーマの本です。

 当事者と名付けられた人たちの苦悩、

 不愉快の一端に触れたい方、どうぞお手にとって下さいませ。

 『名前のない生きづらさ』
    (野田彩花・山下耕平著 子どもの風出版会 2017)
 『名前のない生きづらさ』のご案内

 
 

タグ :名前

同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
社会でやっていく苦悩と喜びの話
不登校・ひきこもりが終わる時の話
『ぼくんちへおいでよ』のご案内
当事者は誤解されている 3
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 自助グループは、今の仲間だけのことを考えてるんじゃないという話 (2019-11-23 06:00)
 トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした (2019-10-25 06:00)
 集団が愚かになる話。『大衆の反逆』を読んで。 (2019-08-30 06:00)
 身体の病気は、気持ちの現れかもしれない話 (2018-06-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『名前のない生きづらさ』のご案内
    コメント(0)