2017年07月17日

『関わることを考えよう』のご案内

 拙著紹介シリーズ最終回は、

 『関わることを考えよう ボクたちはこうしてほしいんだ。』

 です。

 これは2015年。

 なんと自助活動の第一線から身を引いて、支援職としてリブートした当初の本です。

 これまで、支援を受ける側として暮らしてきた聞風坊が、

 支援職としてもっぱら他人様の支援を行う立場になって2年半。

 諸般の事情で、1年ほどの余裕のある暮らしができたので、

 これまたせっかくだからと、支援職仲間と一緒に仕事する中で感ずるところを文にまとめ、

 商業出版は無理だろうとそうそうに舵をきり、

 今回も自費出版の運びとなった一冊です。

 一番素の自分を記した本となりました。

 こもってのときは、自助グループ活動を背負っていたし、

 親育てのときは、TA・交流分析について知らしめるという重責を担っていたし、

 結構プレッシャーがきつかったんです。

 文体からわかるように、ヤンチャに言いたい放題やってます。

 医者に言いたいこと、心理職に言いたいこと、
 教育者に言いたいこと、就労支援者に言いたいこと、
 親に言いたいこと、当事者に言いたいこと、
 社会に言いたいこと

 を簡潔に言ってます。
 要望してます。
 提案もしてます。
 
 誰に読んでほしいかというと、当事者を支援する立場にある人たちです。

 当事者活動をする中で、私が感じ、仲間が感じていることをピックアップしたつもりです。

 ボクたちの発するコトバをうのみにしないでほしい。心意を感じ取ってほしい。

 感情を吐き出せ。なんて言わないでほしい。ゲロは苦しいんだ。

 教育という名の矯正をしないでほしい。強要は無論。

 落ち着いてボクたちのことを理解して欲しい。同意しなくてイイから。

 みたいなことを書いています。

 そんなこんなで、

 体裁として見開きで1テーマというミッションもクリアできました。

 個人的に、ひきこもり3部作が完結した気持ちになっています。

 だから、
 当事者個人の体験を記した形態としては、この本で一応筆を置くつもりです。

 そんな拙著、ご興味あれば、どうぞご連絡を。
 頒価1,000円です。





タグ :関わること

同じカテゴリー(拙著)の記事画像
『親を育てるひきこもり』のご案内
【新著】当事者と関わることについての冊子できました
同じカテゴリー(拙著)の記事
 『親を育てるひきこもり』のご案内 (2017-07-14 06:00)
 『こもって、よし!』のご案内 (2017-07-11 06:00)
 サイト内ご案内 (2017-01-06 06:00)
 こもって、よし! 親を育てる 関わり の紹介 (2016-07-02 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトですので、左下「お気に入り」の当該リンクからお進み下さい。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
<?=$this->translate->_('削除')?>
『関わることを考えよう』のご案内
    コメント(0)