2017年07月14日

『親を育てるひきこもり』のご案内

 本の紹介シリーズです。

 今回も拙著です。

 『「親」を育てる「ひきこもり」』

 は、2009年に自費出版しました。

 相変わらず、自助活動人として、自分の変化と成長が一番の生活をしていた当時、

 夢中になっていたのが、TA・交流分析でした。

 TA・交流分析は、
 
 エリック・バーンという人が創始した心理臨床の理論と実践体系です。

 その中に、セルフ・リ・ペアレンティング=自己再養育療法なんて呼ばれるアプローチがあって、

 それが、私の日頃の実践とよくマッチしたのです。

 さっそく、TAのセルフ・リ・ペアレンティングの本を読むと、あらびっくり。

 自分の体験と重なることがいっぱい。

 これは、文として記録せねばと思い立ち、前著と同じ調子で、原稿を書き、

 今度は、厄落としの意味も込めて自費出版としました。

 内容は、

 一人部屋にこもっていながら、自分を癒し、変化と成長をするマニュアルです。

 こもる人は、人づきあいが苦手です。
 もちろん、医者やセラピスト、カウンセラーも苦手。
 だから、病因や相談に行かない。行けない。

 だったら自分でやろう!
 自助的な発想です。

 ということで、セルフセラピーマニュアルとなりました。

 こもる人に代表される生きづらさを抱く人たちが、

 密かに一人で行える自分のためにできることを記しました。

 生きづらさの根源の解説をTA理論に求め、

 自分にダメ出しする自分(P-)と、素の自分(C-)との葛藤ととらえ、
 その二つの調和を図る自分(A)を強めていくやり方です。

 昼夜逆転への取り組み方などを事例として挙げています。

 昼夜逆転は自分に必要なんだ。

 それでいてときどき困るんだ。

 じゃどうする自分?

 という感じ。

 雰囲気としては、認知行動療法に近いかもしれません。

 TA・交流分析入門書としてもなかなかの出来映えと思っています。

 頒価1,000円です。
 ご興味あれば、どうぞご連絡を。





タグ :拙著親育て

同じカテゴリー(拙著)の記事画像
『関わることを考えよう』のご案内
【新著】当事者と関わることについての冊子できました
同じカテゴリー(拙著)の記事
 メンタライジングと「こもって、よし!」のこと (2018-08-15 06:00)
 『関わることを考えよう』のご案内 (2017-07-17 06:00)
 『こもって、よし!』のご案内 (2017-07-11 06:00)
 サイト内ご案内 (2017-01-06 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
『親を育てるひきこもり』のご案内
    コメント(0)