ちょうどいいテンションでいつづけること

2017年06月12日

 人の覚醒度、シャキッと度、テンションについての連続記事の4回目、

 ちょうどイイ覚醒状態、適度なテンションの状態についての2です。

 ポリヴェーガル理論によると、

 腹側迷走神経が優勢な状態が、人のちょうどいいテンション状態なのでした。

 腹側迷走神経は、顔面にまで延びていて、音を聞いたり、声を発したり、表情を作ったりすることで刺激されるそうです。

 これがなにを意味するかというと、

 ちょうどいいテンションでいるためには、世界と関わることが重要と言うことです。

 心地よい音を聞いたり、歌を唄ったり、豊かな表情でいたり、

 それは、誰かと関わることも含んでいます。
 
 誰かとおしゃべりしたり、誰かの歌を聴いたり、気持ちを顔に表してやりとりしたり。

 もちろん、自分がリラックスできる相手に限りますが。 


 下がりすぎたテンションを上げたり、上がりすぎたテンションを下げたりするのに、

 一人で自分のペースでなにかすることは効果的です。

 同様に、信頼できる誰か、安らぎを与えてくれる誰かと関わることもとっても大事なんです。

 脳神経的にそうみたいです。


 そうして、ちょうどいいテンションにいる回数が増えれば、いつづける時間が長くなり、

 その状態がフツーになり、自分のテンションの基盤になれば、

 ビックリすることがあっても、落ち着いて対処して、ほどなく心が穏やかになり、

 落ち込むことがあっても、一人で抱え込まず誰かと分かち合い、慰めを得て、心が軽くなり、

 アタマに来ることがあっても、気持ちをしっかり言葉にして、不快な状況を改善して、心安らかになり、

 そうして日々を暮らしていく。

 そんな生き方ができるようになるようです。


 自分のテンション・覚醒度を意識して生活してみる。

 お試しあれ。



同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 3
心の傷・トラウマケアのこと 2
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)
 トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした (2019-10-25 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ちょうどいいテンションでいつづけること
    コメント(0)