失った痛みをケアする講演を聞いたのでした。

2017年04月13日

 先日、グリーフケアという喪失体験をケアする講演会を受講しました。

 宮崎グリーフケア研究会さん主催です。

 死別、離婚、事故、災害、犯罪、病気、ケガ、などの出来事により、

 人は何かを失います。

 その時、心は傷みます。

 その心の痛みを癒すために何ができるのか?

 何をせねばならないのか?

そんなお話が聞けました。

 大切なのは、痛みや悲しみや苦しみや怒りやいろいろなネガティブな感情を押し込めないことのようです。

 つい、辛いできごとに触れないように、話題にしないようにすること、

 早く忘れて日常を取り戻すことが優しさのように思いがちですが、

 一概にそうとは言えないようです。

 人は、痛みや悲しみを受け入れる作業・時間が必要みたい。

 それが十分できたときに、喪失体験から解放されるようです。

 グリーフケアは、その作業に寄り添うことのように思えます。

 それは、

 痛みを感じるとき、

 なにか心地よくない感じがするとき、

 あの人は、

 私は、

 何をなくしたのだろう?

 と考えることから始まるようです。



同じカテゴリー(研修受講)の記事
 不登校について考える講演を聞いた話。 (2019-06-20 06:00)
 専門家が連携するための研修を受けたのでした (2017-10-24 06:00)
 デートDVのこと (2017-03-07 06:00)
 トラウマケアの研修受けたのでした (2016-12-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
失った痛みをケアする講演を聞いたのでした。
    コメント(0)