教育を受けさせる義務とそれが猶予免除されるとき

2017年05月16日

 義務教育とは、子どもに課せられた義務ではなく、

 保護者に課せられた義務なんです。

 子ども的には、教育を受ける権利となります。

 ということは知っていたのですが、

 準拠法条文を読んでなかったので、改めてさらってみたら、ありました。
 今回は、いくつかの法のうちの学校教育法です。※以下条文は要約

 学校教育法の16条です。

 保護者は、子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う
 とあります。

 そして、
 18条には、
 病弱、発育不完全その他やむを得ない事由で就学が難しい場合は、市町村の教育委員会は、保護者の義務を猶予したり免除したりできる。
 とあります。

 さて、
 ひきこもり状態の人は、なんらかの精神疾患を患っていると予想されます。※ひきこもりガイドライン2010

 不登校の人で、ひきこもり状態の人も同様と考えられます。

 こう考えると、不登校の人を無理してなにがなんでも登校させねばならない義務は猶予されて当然だと思うのでした。 
 
 実際にこの規定を適用するには、ややこしい手続きがいるのでしょうが、
 法の精神上、保護者の義務の猶予や免除は認められているのですね。

 ということで、法文をさらってみた結果、結構現実的なんだな~。
 と思ったのでした。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 当事者が持つようになる社会的役目感のこと (2020-07-22 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 卒業式や入学式への思い入れがない話 (2020-06-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
教育を受けさせる義務とそれが猶予免除されるとき
    コメント(0)