2017年04月07日

100%悪くない。というのは言い過ぎな感じがしてますが。

 暴力や、DVや、いじめや、その他一方的な圧力・加害は、

 絶対的にいけないことで、

 社会的に望ましくないことで、

 だから、悪いことで、

 責任は暴力や、DVや、いじめなどの一方的な圧力・加害をした人にあるという前提ですが、

 だからといって、そういう被害を受けた人は、100%悪くない。と言いきるのは、またはそういう運動を展開するのには、

 どうにも賛同できかねぬ私聞風坊です。

 暴力や、DV、いじめの現場で、育った当事者として、

 軽々しく、良い悪い、善い悪い、と言えないと思っているからです。

 今回の記事は、”被害者は100%悪くない”に批判的です。

 被害者として振り返ってみるならば、

 暴力受けてもしょうがない。

 家庭内で親が連れ合いに暴言暴力支配する・行動を逐一管理するDVは普通。

 人は自分をいじめるもの。

 という感覚を持って、暮らしています。

 だから、
 相手のそういう行動を容認している。

 または(危険だから)あえて抵抗しない。批判しない。

 承認する姿勢を持っています。

 ときに、無視されるぐらいなら、少々いじられる方がましだ。という思いから、
 多少のいじられることを望んでいることすらあります。

 これらは、自分が暴力を受け、DV当事者であり、いじめられることを容認していることにもなります。

 はたして、これは、望ましいことでしょうか?

 推奨できる姿勢でしょうか?

 賛同できる行動でしょうか?

 安全・安心を人類共通の価値観とすると、

 まったく反する思想、価値観、姿勢、行動ですね。

 つまり、悪いのです。

 自分の苦境を許す行為、思想、姿勢、行動は社会通念上、受け入れられません。
 望ましくない。
 そういう常識です。
 これで世界秩序は成り立っています。

 こう考えると、被害者にも、それなりに反省すべき点はあるように思えます。

 どれくらい?
 
 2%くらい?

 どんなことに対して?

 自分の身を危険な立場に起き続けることを容認していることに対して。
 ときに推奨していることについて。

 つまり、
 状況から脱しないことについて。

 ひょっとしたら、
 あきらめていることについて。

 
 残念ながら現実的に、逃げることすら叶わない状況はあります。

 でもそれは、逃げることをあきらめることとは違います。

 逃げる選択肢を放棄しない。

 しぶとくその思いを持ち続けることが重要なのです。

 自分に悪を為さない。

 その思いとともに。



同じカテゴリー(交流分析)の記事画像
自分を守る保護膜の話
フツーの社会と私の心はまったく合わないのでした
世界からやって来る!!
交流分析の世界大会あります
同じカテゴリー(交流分析)の記事
 怒りの裏の悲しみの話 (2018-06-05 06:00)
 オトナになるな! そして 子どもであるな! の話 (2018-04-30 06:00)
 自分を責めるフラッシュバックのこと (2017-12-27 06:00)
 人を信じることがものすごく難しい話 (2017-12-18 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
100%悪くない。というのは言い過ぎな感じがしてますが。
    コメント(0)