2017年04月01日

自分のことを好きになるのが課題かも

 ひきこもり、不登校の親御さんの相談を受けてわりかし頻繁に感じることがあります。

 子どもを受け入れていない。
 ということです。

 子どもへの批判や、子どもができないこと、子どもが何か足りないこと。

 を嘆く言葉ばかりを口にする親御さんと話すときに感じます。

 そんな親御さんは、

 そんな自分のことを指摘されると、とても嫌がります。

 そして、自分を批判し、自分ができないこと、自分が足りないことを嘆きます。

 または
 嫌な気持になるから、自分のことはほっといて。

 子どものことだけに集中して!

 と言わんばかりに、自分のことを話題にしません。

 まるで、自分のことに触れたくないよう。

 触れたくなるような自分じゃないかのよう。

 そう、きっと、

 自分のことが嫌いなのでしょう。

 こう考えると、
 生物学的に自分の分身でもある我が子を嫌いなのもうなずけます。

 自分が嫌いな人は、そんな自分の子も嫌い。
 なのかもしれません。

 となると、
 親に必要なことは、自分を好きになること。

 自分を受け容れること。

 なのかもしれませんよ。
 



同じカテゴリー(発達障害)の記事画像
【告知】発達障害の教育・支援セミナーあります
【告知】発達障害児サポートの講演あります
【告知】発達障害を疑似体験
【告知】発達に凸凹のある子どもの自立についてのシンポあります
同じカテゴリー(発達障害)の記事
 助けを借りる力がいる話 (2018-09-20 06:00)
 支援者に必要なのは想像力だと思うのです。 (2018-07-20 06:00)
 欲にまみれた支援をしてはなりませんの話 (2018-02-10 06:00)
 専門職と当事者・家族が折り合えない話 (2017-11-15 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
自分のことを好きになるのが課題かも
    コメント(0)