まだいける。という思いが問題かも。

2017年03月04日

 呑みに行ったとき、

 まだ呑める。

と思ったら。

 食べ放題に行ったとき、

 元を取らなきゃ。

と思ったら。

 残業などで休みなく仕事が続いているとき、

 まだできる。

と思ったら。

 ポテトチップスの袋の中を見て、

 まだ残っている。片付けにゃ。

と思ったら。

 身体が受け入れられる適量は超しているかもしれません。

つまり、もう、

 飲み過ぎ、食べ過ぎ、働き過ぎの状態の可能性があります。

この時、内面に目を向けると、私たちは

 足りない分、これからの分、まだやっていない分に目をやっていることに気づくでしょう。

 もうすでに、

身体に入っているアルコールの分、

胃に入っている食料の分、

労働した時間、蓄積した疲労の分、

には目をやっていません。

 もし、すでにやったこと、できたこと、蓄積していることに目をやると、

 きっと違った評価になるでしょう。

 それは、満たされた気持ちを呼び起こすかもしれません。

 そして、
もう十分。

 そんな思いになるかもしれません。

まだいける。

 そんな思いになった時は、いっぺん立ち止まって、
 自分のこれまでを振り返ることは重要なようです。


 ちなみに、TA・交流分析的には、Child(NC・FC)が満足しているか? のチェックをAdultでやるとなります。

 

タグ :依存症

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
まだいける。という思いが問題かも。
    コメント(0)