精神障がいを抱えた親とその”子ども”を応援するプロジェクトのご紹介

2016年11月24日

 親が精神障がいを抱えていると、子どもの成長に大きな影響があります。

 親としては、とても子どもを大切に思いやっているのに、症状のためにうまく伝えられない、

 子どものことを心配しているのに、体調急変で子どもにケアをしてやれない。

 そんな親に甘えられないので、孤独を引き受ける子ども。

 親のことが心配で、自分のことがおろそかになりがち。

 そして、そんなことを誰にも相談できない。

 誰に相談していいか分からない。

 そんな親と子どもに安心を提供するプロジェクトチームがあります。

 「ぷるすあるは」さんです。
 https://pulusualuha.or.jp/

 絵本やウェブサイトを製作して、優しく応援していますよ。

 お知らせでした。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
精神障がいを抱えた親とその”子ども”を応援するプロジェクトのご紹介
    コメント(0)