感情と行動を切り離すこと

2017年01月31日

 トラウマ反応のキツいところの1つに、

 感情が高ぶりすぎるというのがあります。

 嫌なことを思い出すと、怖いとか怒りとか悔しさとか情けなさとかふがいなさとかいろいろな感情がわき起こって、

 やろうと思った何かをすることができなくなるのです。

 こうなることへの対処法の1つとして、感情と行動を切り離すことがいいと言われています。

 わき起こった感情はそのままに、

 行動の方へ意識を向ける。

 私を振り回しそうな気持ちは少しの間横に置いて、

 やろうと思ったことに気を配る。

 そして、そのことをする。

 カウンセリングのトレーニングでは、「ただ聞く」なんて習いましたが、

 ただやる。

 こんな感じ。

 こうしたら、トラウマ反応に振り回されて日常が台無しになることが防げます。

 自分の感情は、しっかり分かりつつも、その感情に支配されずに、
自分がやろうとしていたいことをやる。

 この練習です。

 漢字の書き取り練習。
 ダイエット。
 禁煙。
 薬を飲むこと。
 ウォーキング。

 メンドクサイ、やだな~、イライラする。

 そんな感情に支配されて、やった方がいいことができないとき、

 今少し頑張れば、いいことが待ち受けているのに、それができないとき、

 自分の素直な気持ちを分かりつつ、ちょっとだけ横に置いておく。

 そして、ただやる。

 たんたんと。

 しゅくしゅくと。

 それを繰り返して、
 気がつくと以前よりいい状態になっている。
 知らぬ間にできるようになっている。

 こういうことはよく起きています。

 お試しあれ。



同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
トラウマのフラッシュバックの仕組みの話
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 3
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 黙ってしまうのは心を閉ざすだけじゃなく頭を閉ざすからもあるような話 (2020-08-08 06:00)
 トラウマを負うと恥を感じるとあるけれど (2020-07-30 06:00)
 トラウマ反応で常に興奮してる話 (2020-06-20 06:00)
 心をゆるすと心もとなくなる話 (2020-06-08 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
感情と行動を切り離すこと
    コメント(0)