対人恐怖についてのとても短い記事

2017年01月28日

 人の目を気にして、外に出られない。

 人の目が気になってしょうがないから、人に会えない。

 人の反応を気にして、言葉を発せられない。

 人からどう思われるかが気になって、人と関われない。

 対人恐怖と言われる困難です。

 ひょっとしたら、

 「人」を「親」または「親のような役目の大人」と言い換えると、

 困難の源泉が分かるのかもなと思いました。

 もし、この作業で腑に落ちるとしたら、

 それは昔のこと。

 今は今。

 世の中には、自分の親のようにやんや言わない人もいるから、

 そんな人と出会えるか

 世界を探検してみよう。

 なんて自分に声かけするのは役立つかもしれません。
 


同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
対人恐怖についてのとても短い記事
    コメント(0)