腹ばい寝がここちいいこと

2017年02月03日

 トラウマケアの場面では、クッションを抱くという提案がされることがあります。

 なぜか?

 やってみると分かります。

 なぜか落ち着く。

 きっと、お腹がいい感じに圧迫されるからでしょう。

 帯を締めたり、まわしを締めたり、

 ひょとしたら腕組みをするというのも、

 この感覚に通じるのかもしれません。

 同じように、腹ばい寝も効果があるようです。

 うつぶせは防御の姿勢だと言われていますが、

 その効果以外に、気持ちが落ち着くという意味もあるのかもしれませんね。

 私聞風坊も腹ばい・うつぶせ寝が大好きです。

 お腹をしっかり支えられてる感じがイイですね。

 ちなみに、腹ばいは腰痛は悪化するのでほどほどに。



同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 3
心の傷・トラウマケアのこと 2
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと (2020-02-03 06:00)
 トラウマ関連のことをよく知った上でのケアを実践する本を読んだのでした (2019-10-25 06:00)
 寄りそっちゃダメな話 (2019-03-15 06:00)
 眠れないのは、眠ることが恐怖だからかもしれない話 (2019-03-10 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
腹ばい寝がここちいいこと
    コメント(0)