不安を抱えながら生きること

2017年01月19日

 人は、いろいろな心配事や、悩みごと、避けたい出来事に出会いながら

 暮らしています。

 健診結果が不安だ。検便がちゃんとデキるかが問題だ。

 家の鍵をかけ忘れたかが心配だ。

 人から嫌われないか気になって眠れない。

 こんな思いから解放されたい。

 自分を煩わすこんな心配事なんか消滅させたい。

 そう思うことは自然です。

 その思いが強まって、
 不安がまったく消え去るまではなにもしない!!!

 そう決断した人たちもたくさんいます。

 こもっている人の多くは、こうかもしれません。

 心配事がなくなればいいのに。

 と、私たちが思うのは自然なこと。

 同時に、それらが消えてなくならないことも自然の摂理。

 そう考えると、

 そんな世界の理の中でどう日々を暮らしていくか?

 それが問題になるようです。

 不安を抱えながら生きる。

 今日一日、不安を抱えながらも暮らしていると、

 不安が気にならなくなっていることは少なくありません。

 不安が無くなったらナニカする。
のではなく、
 不安なままナニカする。

 そんな日々の暮らし方。

 大切なことに思えます。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不安を抱えながら生きること
    コメント(0)