こもる生活の心構え

2017年02月12日

 健康的なこもる生活をするにあたって、

 必要な心構えがあるように思えます。

 それは、

 自律の精神。

 それは、
 自分の言動を律する心。

 ネットやマスコミなど
 他者の意見に流されず、

 外出すると感じる冷たい視線など
 世間の風当たりにいじけず、

 要望ばかり言ってくる
 親の都合に振り回されず、

 自分の生活を、自分で決め、

 実行し、達成する心。

 やけにならず、希望を捨てず、冷静さを失わず、

 楽しみを手放さず、心身の健康に努め

 不愉快なことばかりしてくる相手にも
 思いやりの心を持ち、配慮ある言動をする。

 そんな風に、
 常に自分に軸をとる。

 自分の不遇を
 社会のせいにせず、
 他者のせいにせず、

 自分にできることを常に考え実行する。

 これこそが、
 こもる人の心構えでありましょう。



同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
こもる生活の心構え
    コメント(0)