2016年12月07日

本を読んで癒していたのでした

 こもっているとき何していたかシリーズです。

 本を読んでいました。
 
 そして、ノートに書き写していました。

 何冊も何冊も。

 なんかいいわ~。

 だわ~。

 じゃったじゃったぁ。

 あぁ、そういうことだったんだ~。

 という文章を、

 ひたすらノートしてました。

 その内容とどんな意味でやっていたのかを
改めて振り返ってみると、

 それは、自分への慰めと、いたわりと、励ましと、理解と、優しさと、そしてリアルと向きあう厳しさ。

 だったように思えます。

 読んだ本は、だいたいが外国の翻訳書なのですが、

 自分を分かってくれる人がいる。外国人だけど。
 翻訳した人や出版社とに本の読者も共感してるよね。

 うんうん。独りじゃない。世界には自分を理解している人が間違いなくいる!
 
 ひきこもり生活は、リアルな自分と世界を再接続する期間だったのかもしれません。

 読書→ノートの作業は、そんな気持ちを強めていったようでした。

 涙しながらノートしたことも少なくありません。
 それは、子どもの頃から知らずずっと望んでいた言葉に出会ったとき。

 文字に救われた。

 文章に助けられた。

 そんな体験から、このブログをつづっているような気もします。

 私のような体験を誰かがするかもしれないから。



タグ :読書声かけ

同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
本を読んで癒していたのでした
    コメント(0)