2016年12月01日

子どもの貧困のこと

 先日、子どもの貧困の講演を聞きました。

 宮崎や全国の現状が報告され、
 親の貧困が子どもの衣食住に影響を与え、
 特に学習機会が十分に提供されないために、
 学歴が高くならず、ゆえに就職先が限られ、
 大人になった貧困家庭の子どももまた貧困状態になりやすいという貧困の連鎖の問題が話されました。

 学歴社会の悪影響がここにも出ているのですね。

 さてこの時、質疑応答で、
 連鎖するのは子どもの頑張りがたりないせいだ!

 という意見がありました。

 昔は、頑張って貧困から脱したんだ。
 だから、頑張れば貧困でなくなるんだ。
 貧困なのは頑張りがたりないせいだ。
 社会のせいにするな。

 という理屈です。
 ある意味当たっていると思います。

 同時に、
 頑張ってもどうにもならない、貧困状態から出るのを邪魔するあたかも見えない壁があるようにも思えます。

 これにつき、講師の人は簡単に指摘しました。

 高度経済成長期ならば、今日よりも明日は社会が成長していた。
 だから、頑張れば報われた。

 確かに今は、
 よくて低成長。
 場合によっては縮小していく面すらあると聞いています。

 がむしゃらに頑張っても報われない時代なのかもしれません。

 となると、
 頑張り方にもコツがいる時代なのかもしれないなと思いました。



同じカテゴリー(研修受講)の記事
 専門家が連携するための研修を受けたのでした (2017-10-24 06:00)
 失った痛みをケアする講演を聞いたのでした。 (2017-04-13 06:00)
 デートDVのこと (2017-03-07 06:00)
 トラウマケアの研修受けたのでした (2016-12-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
子どもの貧困のこと
    コメント(0)