2016年11月19日

ひきこもるチャンス到来を喜んだのでした

 ひきこもり当事者活動&相談活動を10数年やってきて感じるのは、

 ひきこもり状態にある自分、

 こもっている自分、

 フツーの人と違う人生を生きている自分、

 を、受け入れているかいないか?

 は、とっても大きな違いがあるのではないかということです。

 今の自分を肯定しているか?

 今の自分をOKと感じているか?

 それとも、

 今の自分じゃない自分こそ正しい姿だと思っているか?

 今の自分じゃない社会の望むような自分こそOKだと思っているか?
 
 もし前者だとしたら、

 ひきこもり生活は充実したものになるでしょう。

 外出も楽になるでしょう。

 他者に会うことも苦じゃなくなるでしょう。

 なぜなら自分に自信があるからです。

 人と比べての負い目もなく、恥もなく、ただ自分であることを認めている。

 人と人。それが出会って話をするだけ。

 そんな気持になるからかもしれません。

 一方の後者は、どうでしょう。

 外出も他者と関わることに困難を抱くでしょう。

 自分を恥じているからです。

 恥じた自分と24時間一緒にいる。
 恥ずかしい思いで24時間過ごすひきこもり生活。

 これは苦痛です。

 こもっていようがいまいが自分は自分。
 いろいろないきさつがあっての今。
 いきさつに思いをいたせば、
 精一杯生きてきたことを実感するでしょう。

 だからこもることを恥じる必要はありません。
 
 ご存知の通り、私聞風坊は、ひきこもり生活を喜んでいました。
 念願叶って、やっと自分の時間が持てる!!!
 ひきこもり生活をはなから肯定していたのです。
 ぜんぜん恥じてはいません。

 ひきこもる行為とひきこもりの時間は、
 私にとって絶対に必要だったからです。
 
 そしてそれは、
 社会に再参画するためにも。
 という意味を含んでいたかもしれません。



同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
ひきこもるチャンス到来を喜んだのでした
    コメント(0)