なんのためにホメルのか? が大事ですね

2016年11月10日

 子育て界や、ビジネス界をはじめ、ひきこもり界、発達障害界でも、必ず口に上るのが、

 ホメル。
 です。

 人はほめられると嬉しくなるので、ほめられた行動を繰り返すようになる。

 という理論にもとづいて、

 子どもや、部下や、社員が、
 親や、上司や会社や、社会が望む行動をとるように、ホメル。

 のですね。

 つまり、しっかりとした目的意識があってホメルのです。
 ※実際、講座場面などでは、相手の望ましい行動を特定してから、それをターゲットにほめる練習を行います。

 さて、このホメル行為。

 相手が喜ぶことを言う。

 とおおむね定義されています。

 となるとこれは、
 今の私の率直な気持ちではない可能性を含んでいます。

 例えば、

 我が子が勉強をたくさんするようになるために、
 80点取ったテストの点数をホメル場合。

 我が子は、自分のガンバリを認められると喜ぶから、

 お前は偉いねぇ、よく頑張ったね。

 と、ホメル。のです。

 ところがこの時、親のホントの気持ちは、

 80点とってスゴイや!
 (※滅多にとれなかったでアタシワーイ

 と、子どもがとった点数をスゴイと素直に感動していたとして、

 それを言っても、子どもの喜びは今ひとつなので、

 つまり、勉強をたくさんするようにするには効果が薄いので、

 これはホメルことにはなりません。
 だから、これは言わないことになります。

 こうなると、
 本当は自分の感動を伝えたいのに、
 子どもの特定の行動(=勉強をする)を繰り返させるために、
 ホメねばならないから、

 子どもが喜ぶ言葉は言うけど、自分の本音は言わない。
 たとい、肯定的な喜びの表現であったとしても。

 そんなことになりがち。

 ある意味嘘ついてることになる。
 明らかに人の心を操作している。

 そんな親子関係、上司と部下の関係、夫婦関係でいいの?

 なんて疑問を持ちます。

 だから、
 相手が喜ぶとか喜ばないとか、
 ホメルとか考えずに、

 肯定的なことなら遠慮なく言葉にする。

 それでいいんじゃない?
 まずはそこが大事なんじゃない?

 そんなことをいつもつい考えてしまう聞風坊なのでした。
 ※ホメル行動を特定するのがよだきいだけだったりして。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
なんのためにホメルのか? が大事ですね
    コメント(0)