アウトリーチ(訪問)支援は良いのか悪いのか?

2016年11月01日

 支援者の会議では、アウトリーチ支援がよく議論に上ります。

 専門家が、当事者の、住居に訪問して、専門サービスを提供する支援の形ですね。

 古くは、お医者さんの往診がこれに当たるでしょう。

 医療を、病院ではなく、患者の住居で行うのですね。

 たぶん、これから発展したのでしょうが、精神医療分野では、アウトリーチが切望されています。

 なんのためにって?

 精神的な困難を抱える人が、自分の望む通り安心して地域で暮らし、働くためにです。

 入院するほど病状が重くはないけど、単身で暮らすには専門的サポートが必要な場合、

 アウトリーチの出番となります。

 (精神科)訪問看護サービスもこの一つですね。

 病状が重くても、地域で暮らすための取り組みは、ACTと呼ばれています。

 いずれも、本人が望む場所で暮らすことを支える仕組みです。


 一方で、ひきこもり界のアウトリーチというと、

 ズバリ、

 こもる人を引き出すための専門的アプローチ。

 こもる人が望む暮らしを変えさせる仕組み。

 望みを叶えるサポートか否か?

 同じアウトリーチという言葉を使っていても、違いがあるのでした。
 


同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アウトリーチ(訪問)支援は良いのか悪いのか?
    コメント(0)