イヤなことは分かるんだけどの話

2016年10月29日

 自分がイヤなことは分かるけど、

 じゃ、何がいいの?

 と問われても、何がいいのか分からない場合があります。

 今の状況をどうにかしたい。

 でも、学校行くのはイヤだ。働くのはイヤだ。親からやんや言われるのはイヤだ。病院もイヤだ。

 イヤダイヤダイヤだ。

 それじゃないそれじゃないそれじゃない。

 として、どんどん不快な感情の深みにはまっていく感じ。

 なんだか、子どもがだだをこねてるよう。

 これ、嫌なことは分かるんだけど、何が良いかが分からない状態なんですね。

 嫌なことばかりは分かるって、とってもツライ状態。

 だって、世の中と触れてると、嫌な感覚しか持たないんだもの。

 意識が嫌なことばかり感受するようになってるのでしょうね。

 不安が強い状態は、こうなりやすいようです。

 TA・交流分析には、ストロークフィルターという考えがありますが、

 ネガティブなストロークばかり受け取るフィルターを自分の意識にかけているのでしょう。

 このフィルターを外すには、

 自分は、どういう状態が心地いいのか?

 日常の中から探し出すことが大事です。

 実は、心地いい感じを味わっているのです。

 でも、それに意識を向けるより、心地悪い、嫌な感じに意識を向けているから、
心地よさを感じない。

 心地よさを値引いている。

 のでしょうね。

 まず一つ見つけること。

 これがきっかけになります。

 その時の身体の感覚を覚えておいて、
次を探します。

 すると、見つかります。
身体の感覚が一緒なら、間違いない!

 そしたらまた次を探します。
 すると、また見つかります。
前より簡単に見つかります。

 こうして、これまで経験してきた
心地いい体験を思い出しはじめます。

 そしたら、そんな感覚になりそうな状態をイメージで探します。

 学校に行ったとして、何やってる? 誰がいる? どんな風にしてる?

 仕事してるとして、どんな感じでやってる? 会話は? 仕事内容は?

 自分は、

 どんな風にやりたいのか?

 どんな風になりたいのか?

 が少しイメージできるはずです。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イヤなことは分かるんだけどの話
    コメント(0)