死ぬほど頑張った先になにがあるのか? 2

2016年10月26日

 短期的には不利益を被るけど、長い目で見るといいことが起きるから、嫌なことでもチャレンジしよう。
 についての続きです。

 この考えは、

 今、勉強しておけば将来必ず役に立つから、メンドクサイ勉強を頑張ろう。

 今、仕事を辞めなければきっと日の目を見ると気が来るから、やる気はないけど仕事だけは続けよう。

 今、ガタガタぶるぶる震えながらも学校や会社に行けば、そのうち気持ちは落ち着くから、とにかく家を出よう!

 と、こんな風に使われることもあります。

 ここで大事なのは、短期的不利益の評価なのです。

 認知行動療法の場面ではよくある言い方ですが
 「少しだけ頑張れること」
 かどうかが大事なんです。

 認知行動療法では、
 
 少しだけの我慢、辛抱、踏ん張り、不安・・・などの不利益。
 の先に、リターンがある。
 それを繰り返して、新しいより長期的・全般的に利益の高い行動パターンを身につけること。
 を目指します。
 
 これについては、
 気絶しそうなほどのスンゴイ我慢、歯ぎしりしながら悔し涙の辛抱、
 とてつもない踏ん張り、底なしの闇の中に転落していくような不安

 のような不利益の場合は、当てはまりません。

 もし、大きすぎる不利益の場合は、長期的な利益を得る前に、心や身体が耐えられなくなるからです。

 それは、
 不利益ばかり被って利益が得られない頑張り。
 となります。

 残念ながら、
 不登校やひきこもりの人たちは、これを繰り返しているように思えます。
 周囲からの強い要望もあって。

 不利益ばかり被って利益が得られない頑張りを続ける。
 その結果、より社会から遠ざかる行為、つまり、こもることを強めることになっているように思えます。

 こういうことから、
 十分に耐えられる頑張りと、それに見合ったリターンが保証されているときに限り、
 背中を押したり、ひっぱったりと、
 頑張りを勧めることが重要なのです。

 支援にあっては、

 それを見極められるか?

 これが肝なんです。

この項終わり。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
死ぬほど頑張った先になにがあるのか? 2
    コメント(0)