当事者語りを消費する社会 2

2016年10月07日

 消費シリーズとして当事者語りについての記事の続きです。
 
 自己犠牲よろしく体験発表した結果、
多種多様な立場の人たちに多種多様に受け止められるのでした。

 その結果、当事者の福利は向上したかというと、むしろ低下することがほとんどなのです。

 当事者と当事者じゃない人たちの橋渡し。
 相互理解を目指し、
 当事者がフツーに暮らせるために努力し、
 それは当事者じゃない人たちの利益にも叶うと思っての
 当事者語りをはじめとする当事者活動なのにです。

 全体の利益のために、自己の個人的体験を提供したのに。

 世間が知りたいことだけを聞き取って、

 勝手に分析したり批判したりして、

 つまり、消費して。
 
 それをもとに何か福利を生みだすことは滅多にない。

 よくて、
 勉強になりました。
 当事者の生の声に感動します。

 あ~そうなんだ。大変だね。頑張ってね。

 で終わる。

 悪ければ、
 自己責任、やる気がない、頑張りがたりない。

 なんてことになる。

 当事者の体験を聴いていいも悪いもなにかしら心が動いて終わり。

 映画や演劇みたいに。

 それは、
 当事者の人生の一部も提供した当事者語りを消費すること。

 映画や演劇みたいに扱うこと。

 畢竟それは、当事者を消費すること

 そんな気がしている最近です。

この項終わり。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
当事者語りを消費する社会 2
    コメント(0)