逃げ出せない立場に身を置いて

2016年09月15日

 先日、炊事場で、ゴーヤを洗っているときにふと思いついたことです。

 逃げ出せない立場。

 を基準に、物事を考える。

 それが自分の立脚点だと。

 当事者。

 自分の症状、

 自分の特性

 自分の歴史

 ・・・

 自分から逃げ出せません。


 家族。

 うちの子は不登校だから家族解消。

 うちの親が統合失調症になったから別の親に代えてもらう。

 うちの子が、うちの親が、うちの兄が、うちの妹が、うちの・・・。

 これらはなかなか難しい話。

 家族から逃げ出せません。


 時間外なんで。

 うちは専門外ないので。

 休みを取っているので。

 ・・・
 
 専門職は、逃げ出せます。

 というか、専門職として働く以外の時間をとるように努めます。

 じゃないと、心身が傷んでしまうからですね。



 逃げ出せない立場に身を置いて考える。

 当事者支援者の真骨頂のような気がしています。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 ピア活動者は専門職より低く扱われるような気がする話 (2020-07-02 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
逃げ出せない立場に身を置いて
    コメント(0)