外に出る機会をうかがっていたのでした

2016年09月12日

 こもっている最中に何をしていたたかシリーズです。

 部屋から一歩も出ず、雨戸も閉め切って、昼夜関係なく起きていたり寝ていたりの怒濤の時期が過ぎて後、

心にいささかの穏やかさが戻ってきた段階の頃の話です。


 その頃は何を心がけていたかというと、

 外に出ることを意識をしていたようでした。

 外に出ようかな。

 こもる生活の中で、そんな思いがふとわくのです。

 あ、あれ買いに行こうかな。

 あ、本屋行ってみようかな。

 ゲームの面白いのないかな。

 そんな思いが、ふと頭をよぎるのです。

 でも、人目が・・・・
 でも、話しかけられたら・・・
 行ってなんになる?

 同時にこんな否定的な思いもよぎります。

 でもそれよりも、

 行ったらいいじゃん。 

 の思いの方が強かったようです。

 そして、

 人目とか、しったこっちゃねーが。

 話しかけられんように、スーッと歩いていけばいっちゃが。
 ※キョロキョロせずに前に向かってひたすらスーッと歩いていく様

 行ったら行っただけ、暇つぶしぐらいにはなるなんかオモシロいことがあるやろ。

 そんな思いもありました。

 とにかく、好きなことをするのに遠慮しない性分だったんで、あつかましく社会に打って出ていたのですね。

 それが功を奏して、緊張しながらも、社会に出つづける原動力になったようです。

 (平気で外に出る)あつかましさ。

 こもる人には重要なポイントに思えています。



同じカテゴリー(こもる生活の工夫)の記事
 少林寺拳法で身体感覚に目覚めた話 (2017-09-21 06:00)
 ひきこもらないようにしていたこと (2017-09-09 06:00)
 トラウマケアのこと 9 まとめ (2017-09-06 06:00)
 トラウマケアのこと 7 タッピング (2017-08-31 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
外に出る機会をうかがっていたのでした
    コメント(0)