男性が2割のこと

2016年09月03日

 DVは、Domestic Violenceの略で、

 家庭に代表されるドメスティック(内密)な状況で振るわれる暴力のことです。

 身体に直接向けられる暴力と、

 精神的に追い詰める暴力と、

 性的な事柄に関する暴力の、

 3つの面から捉えられています。

 一般的に、DVと言えば、男性から女性への暴力のニュアンスがあります。

 ところが、女性から男性への暴力もあるのです。

 平成27年に宮崎県が行った調査では、男性の約2割が被害者でした。

 男女ともに大声で怒鳴られる被害が一番多く、

 男性に限っては、何を言っても無視され続ける被害が一番多くなっています。

 肉体的な被害も少なからずあります。

 強いのが男性。加害者が男性。という思い込みが社会にはあります。
 ※ジェンダーバイアスなんていいます。

 だから、女性から暴力を振るわれた男性は、男性としての自分の価値を失いがち。
 自分を恥ずかしく思うかもしれません。

 そうなると、誰かに助けを求めることも難しくなります。
 恥の上塗りになりそうだから。

 世間には、暴力を振るわれて、誰にも相談できずにいる男性がいる。

 そういうことを知っておくことは大事です。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)
 【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内 (2020-01-04 06:00)
 1件1件は正しいことだけど、全体をまとめると困ったことになる話。 (2019-12-29 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
男性が2割のこと
    コメント(0)