子どもの貧困のこと

2016年08月22日

 昨今話題の「子どもの貧困」ですが、
宮崎市でも民間フィールドで活動が盛んになっています。

 先日、このテーマでのディスカッションをしました。

 子どもの貧困という言葉が、一人歩きしている感じですが、

 実際は、子どものの貧困は大人の貧困問題なのです。

 本質的に問題を解決するには、大人の貧困問題を解決せねばなりません。

 と同時に、すでにもう未来が閉じられつつある子どもの将来を保証せねばなりません。

 少なくとも、多くの同年代の子どもと同等に将来設計ができる程度に。

 ということを考えると、

 複雑多岐にわたる手当て・協力・助力が必要ということになります。

 親の就労の安定、収入の安定、健康の維持、健康回復、

 子どもの学力向上機会、将来的就労機会の確保、健康の維持、健康回復、

 親子の孤立無援状態を解消するには、

 精神・内科・外科・緊急医療、障害・介護福祉、学校、特別支援・障害児者教育、成人期学び直し、食、コミュニティ、社会保障制度=官、等々の多種多様な職種人材連携が必須。

 それには、連携の仲を取り持つ人材・組織が必要。

 異なる価値観・文化を持つ各セクターに飛び込んでいき、

 かつ一緒に事を成し遂げる権能を持つ人材・組織が必須。

 なんて話で盛り上がりました。

 連携で必ず話題になるのがキーパーソンです。
 この設定ができるかどうかが連携成功の肝なんです。

 そんなこんなで、各セクターから有志が集まっての、キー組織の設立が現実的かなと個人的に思ったりしています。

 珍しく近況社会派ネタでした。



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 不登校児童生徒は学校に行かなくてもよくなったらしい話 (2020-02-13 06:00)
 人に迷惑をかけちゃダメよ! の受け取り方が2種ある話。 (2020-02-09 06:00)
 【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内 (2020-01-04 06:00)
 1件1件は正しいことだけど、全体をまとめると困ったことになる話。 (2019-12-29 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子どもの貧困のこと
    コメント(0)