2016年08月10日

高次脳機能障害を学びました

 事故や病気などで脳に損傷を負ったことで、

物忘れが激しくなったり、
集中力が落ちたり、
物事を実行することが難しくなったり、
激昂しやすくなったり、

 することがあるのだそうです。

 先日、これらの問題・困難を主な症状とする
高次脳機能障害の学習会に行ってきました。

みやざき高次脳機能障がい家族会「あかり」さん主催
宮崎県北部家族会「☆トゥモロー☆」さん共催
 です。

 本人さんたちのスピーチもあり、学びの多い会でした。

 見た目では障害があるとは分かりづらい、いわゆる「見えない障害」ですので、
 周囲から理解されず苦労されている様子がよく分かりました。

 脳の損傷は身体の障害ですが、

 生活実際においては、記憶や注意力や行動などの認知の障害が困難感のおおもとなので、
 高次脳機能障害は精神障害の範疇になるのだそうです。※器質性精神障害

 他の精神障害と同じように、家族の理解、周囲の理解、就労先の理解が必要。
なによりも、自分のことを知ることが大切。

 そんな思いを新たにしました。

 あかりさんは、月例会を開催されています。
 詳しくは、インターネットで検索下さいませ。



同じカテゴリー(研修受講)の記事
 専門家が連携するための研修を受けたのでした (2017-10-24 06:00)
 失った痛みをケアする講演を聞いたのでした。 (2017-04-13 06:00)
 デートDVのこと (2017-03-07 06:00)
 トラウマケアの研修受けたのでした (2016-12-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
高次脳機能障害を学びました
    コメント(0)