嫌われる勇気を持っているのだろうか?

2016年07月23日

 今ごろかい!

 な感じですが、

 『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健著 ダイヤモンド社 2013)

 を読んだのでした。

 トラウマなんかない! 

 みたく、過去を探究する精神分析に批判的な論調なのですが、

 それも、今ここでの自分の決断を最重視しているからのようです。

 今ここで、どうするの自分?

 一貫してこの問いを投げかけてくる一冊。
 っていう印象です。

 私聞風坊はこんな風に受け取りました。↓

 幸せになるためには、

 ありのままの自分を認めること。

 だから、自分の能力を認めること。

 それは、他者・社会に貢献できる力があり、貢献できているってこと。

 特に、今ここに存在していることで貢献できているってこと。
 人は普通に存在するだけで他者に影響を与えているから。
 つまり、人にはそれほどの価値があるってこと。 ※こう書くとなんだか芸術作品みたい

 そして幸せかどうかは、この、
 自分って貢献してるわ~。
 って感じられてるときに感じるってこと。
 
 だから、他者からほめられなくても問題なし。
 ほめられることで得た自己肯定感なんてしょせん条件付きだから、とっても不自由。

 今ここで、嘘なく自分でいているか?
これが一番大事。

 今ここでどうあるかが最重要。

 それは、
 過去に囚われた今
を生きることもることでもなく、

 輝かしい未来のために、
今を過ごすことでもない。

 過去に縛られると今が重苦しくなり、
 未来を目指すと今が薄くなる。

 今ここでOKに生きる。

 それが幸せの秘けつ。



同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
社会でやっていく苦悩と喜びの話
不登校・ひきこもりが終わる時の話
『名前のない生きづらさ』のご案内
『ぼくんちへおいでよ』のご案内
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 どのように戦争を記憶しているかは国によって違う話 (2020-08-12 06:00)
 トラウマを負うと恥を感じるとあるけれど (2020-07-30 06:00)
 オスゴリラのようにありたいと思った話 (2020-07-26 06:00)
 ひきこもり当事者本のご紹介 (2020-05-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
嫌われる勇気を持っているのだろうか?
    コメント(0)