生きるためのテレビをみたのでした

2016年07月08日

 今回は、2016/5/18、19にNHK教育で放送された

 生きるためのテレビ 私が死にたい理由 
 の感想です。

 当事者の生の声がインタビューでつづられていました。

 印象に残ったのは、皆さん、自分が存在することに価値を置いていないこと。

 それは、誰かから存在を承認されていない感覚にもとづいているようでした。

 特に、ちかしい人から十分に存在そのものを認められ、
 自分が存在していることだけで嬉しい。
 と思われていないという感覚が根っこにあるように思えました。

 私聞風坊を含め、こもる人の多くがこの感覚を持っているように思えます。

 期待に応える何かをするから認められている感。
 周りの人に役立っているから存在していい感。

 これってなんだか、じゃなかったらいなくていいよ。って言われているみたい。

 応えられないならいなくていいよ。
 役に立たないなら、じゃ、いいよ。

 分かれるんですかね。死ぬ方をベースに生きている人と、生きる方をベースに生きてる人と。
 

 記憶に残る発言です。

 死なないために生きている。
 だから、必死になって生きているのでしょう。

 別の人はこう発言しました。
 そういう必死さがないと生きていけない。

 生きるために未来に向かって今を生きる人たちと、
 死なないために必死になって生きる理由を探して今を生きている人たち。

 2種類いる。

 なんとなくしっくりくるのでした。 
 



同じカテゴリー(社会のこと)の記事画像
【告知】ケアニン上映会とトークイベントのご案内
【告知】ひきこもりフォーラム2019のお知らせ 再掲
【告知】インクルーシブ教育のイエナプランの講演会あります!
【告知】困難を抱える子ども・若者支援のイベントあります
同じカテゴリー(社会のこと)の記事
 当事者が持つようになる社会的役目感のこと (2020-07-22 06:00)
 ひきこもり予防としての不登校支援はやめた方がいいんじゃないかと思う話 (2020-07-14 06:00)
 フツーの発達障害者だっていいじゃないかと思った話 (2020-07-10 06:00)
 卒業式や入学式への思い入れがない話 (2020-06-04 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
生きるためのテレビをみたのでした
    コメント(0)