伴奏するような支援がいいな

2016年06月07日

 不登校・ひきこもり・ニート・生活困窮など、いわゆる困難を抱える人の支援の仕方の話です。

 ざっくり言うと2種類あります。

 一つは指導型。

 一つは寄り添い型。

 正しいことをゆるぎなく指導するのが指導型。
ゆえに、上から目線、高圧的、威圧的、暴力的になりがち。
 
 一方で、相手の気持ちややりたいことにそって支援していくのが寄り添い型。
ゆえに、横から目線(時に下から)、あれしろコレしろと押しつけないので優しい感じ。

 さて、この寄り添い型、ときどき伴走型と言われたりします。

 実は、私聞風坊は、この伴走型の言い方が少し嫌なんです。

 だって、基本、走ってるでしょダッシュ

だから、なんだか息苦しい。大泣き

 そこで、これに代わる言葉をあれこれ考えてみたのです。

 で、思いついたのが伴奏型

 歌を唄う相手に併せて音楽やコーラスを奏でるのが伴奏。

 昔、ギターやピアノの生演奏で歌った経験がありますが、私のふらつく調子に寄り添って演奏してもらいました。
 や~助かった。そして楽しかった。

 節回しが変わったら、節を合わせ、

 リズムが変わったら、それに応じ、

 歌詞を忘れたら、一節前のタイミングで歌詞を教えてくれて、

 相手の息に合わせ、ときにリードして、相手が何かすることをサポートする。

 そんな伴奏型の支援がいいなと思っています。


 


同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伴奏するような支援がいいな
    コメント(0)