2016年06月03日

家族が問題を長びかせていること

 ひきこもり・不登校関係で、家族特に親の関わり方についてよくお話をしますが、

気になるのは、親が問題を長びかせている場合が少なくないことです。

 例えば、
やんややんや年がら年中うるさい場合。
あれしたらこれしたらと次から次にアドバイスする場合。
あーだこーだと不満や不平ばかりこぼす場合。

 親としては、自分の気持ちが平穏ではないので、
ついついいろいろ関わってくるのでしょうが、
 
 子どもの立場に立つと、それら親の
やんややんやや
アドバイスや
不平不満に
 年がら年中対処することになります。

 これ、親の(心の)問題に巻き込まれているってことになります。

 都合、親に対処することが当面の取り組む課題になっているので、
自分の問題や、
将来について、
 考える余裕がなくなるのです。

 または、そんなストレスがかかることをしなくてすむので、
親に対処することを常にしている可能性も少なくありません。

 親とのややこしい関係に対処していれば、自分のややこしい問題に触れなくてすみますもの。

 だから、親は、自分の心を安らかにする必要があるのです。
不安でいっぱいな状態で子どもと関わると、解決には至らないことが多いのです。

 自分の問題を自分で取り組めるようになる。ときに他者の協力をあおぎながら。

そんな風な子どもになってほしいなら、親は自分のケアは自分で行う必要があります。ときに他者の協力をあおぎながら。

 家族向けのお話しには、こんなテーマを秘めています。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
【再掲】 不登校・ひきこもりフォーラム2018のお知らせ
【告知】不登校・ひきこもりフォーラムやります。確定!
【告知】ひきこもり家族教室と集いやってました
ひきこもり家族教室4回終了しました
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 ひきこもりは平成をどう受け止めていたか? (2018-11-25 06:00)
 会話が続かないのは、関心があるかどうかにかかってる話 (2018-11-15 06:00)
 消えたいと願うことと身体イメージの話 (2018-11-05 06:00)
 子どもの相談に来た親と支援者との会話の1例 (2018-10-30 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



【お知らせ】
これまでの発表や記事原稿を、「聞風坊の図書館」で適宜公開しています。
別サイトになります。こちらもご覧下さいませ。


過去記事
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
オーナーへメッセージ
 お手数ですが、携帯・スマートホンなどからの送受信の際は、パソコンからの受信ができるよう設定をお願いします。
 当方からのお返事が送信できないことが時々あるのです。
削除
家族が問題を長びかせていること
    コメント(0)