仮面ライダーになるためにガンバルの?

2016年05月21日

 TA・交流分析には、時間の構造化という理論の中に、「雑談の時間」または「社交の時間」というのがあります。

 人には、この時間が必要なんだ。
 雑談という形でのコミュニケーションが必要なんだということが説かれます。

 さて、この雑談の時間のコミュニケーション。
 昨今はやりの、問題解決・実現志向のコミュニケーションと比べるとオモシロいんです。

 例えば、
 仮面ライダーになりたい!

 を話題にしたとしたら、
 雑談だと、なるほど、そりゃカッコイイや。
 で、ライダーになって何する?
  基本、赤いスカーフを巻いてから、ショッカーの怪人をやっつけて、
    それが終わったら、行きつけの喫茶店でなごんで、
      年に一回は、ライダー全員集合で同窓会みたいなのやって、
   ときどきブラジル支部とかに出張したりして、

 なんて、どーでもいい話に花を咲かせるでしょうか。

 ところが、実現志向だとこうはいきません。

 なるほど、では仮面ライダーになるには、何が必要か考えてみましょう。

 まず必要なリソース(材料・資源)はなんでしょう?
 そのうち今自分が手にしているものは? バイク? スカーフ?
 手にしていないものはどうやって手に入れましょう? 喫茶店? 変身ベルト?

 そこら辺のことを工程表に落とし込みましょう。
 
 そのうち、まず何から取り組みますか? いつ取り組みはじめますか?
 
 なんて感じ。

 なんだか、きゅうくつ。

この項続く。


タグ :実現雑談

同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
仮面ライダーになるためにガンバルの?
    コメント(0)