傷つき体験よりも癒され体験をね

2016年05月11日

 不登校・ひきこもりをはじめ、困難を抱えて社会参加しづらい人の原因を語る時、

 傷つき体験があるから。

 ということがよく挙げられます。

 いじめられた。

 暴言・暴力を受けた。

 ハラスメントが繰り返された。

 無視された。
 など、

 心や身体がひどく傷つく体験を繰り返し受けたから、

 それが原因で、
 社会に参加し、誰かと関わることに困難をおぼえている。

 という意味ですね。

 確かにその通りなので、取り立てて考えてきませんでしたが、
 最近考えが新しくなりました。

 それはつまり、
 癒され体験がなかったからではないか?!

 と。

 この記事続く。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
傷つき体験よりも癒され体験をね
    コメント(0)