未来を考えると苦痛を感じる人

2016年05月09日

 未来について考えよう!

 明るい未来をイメージして、そこに向かって頑張ろう!

 現状に不満があるなら、問題が解決された未来をイメージして、今何ができるかを考えよう!

 なんて風に、未来に向かって元気にやっていこうという動きを見聞きします。

 これがどうにも苦手な私聞風坊は、そんな人たちとの違いを考えました。

 思いついた答えは、一言でいうと、

 ベース(土台・前提)が違う。
 でした。

 未来をイメージできる人は、

 行動に使えるエネルギー量が、いつも十分にある。

 それが維持できるように安全な環境にいる。

 ようです。

 トラウマ反応などでエネルギーを消耗しないし、

 日頃、環境の安全チェックを行わなくていいからでしょうね。

 エネルギーと安全性がある程度一定に確保されているから、

 それを土台にして、未来を考えることができるのでしょう。

 もし、未来を考えることに苦痛を感じる人が、企業研修や社会問題解決のための未来を考えるワークショップなどに参加したとしたら?

 のさんでしょうね。※標準語訳:しんどいでしょうね

 これまで、
 ベースが違う場に何度も参加して、苦痛を感じた聞風坊でした。
 


同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
未来を考えると苦痛を感じる人
    コメント(0)