世界への信頼感があるからガンバレる

2016年06月13日

 不意の病気、ケガ、災難など、

 予想外の出来事に遭って、

 人生設計が大きく狂い、

 絶望を味わい、

 それでも、そこから奮起してガンバル人の話をよく見聞きします。

 そのたびに抱く想いがあります。

 あぁ、この人たちはベースがあるんだ。

 不意の出来事が起きる前までは、

 家族を信じ、人をアテにし、社会を信頼し、あしたも安全な未来が来ることを予想できる体験をしている。

 この世で生きるためのベースがあるという意味です。

 だから人生設計を描いていたし、

 それがまったく狂ってしまって絶望したのでしょう。

 ベースがある人は、右往左往しながらも、やはりベースに帰るようです。
 
 もう一度、人を頼り、社会制度をアテにし、安全・安心を感じ、もう一度新しい未来を想像する。

 それはまるで、昔の設計を描き直しているよう。

 文字通り元に戻るという意味の回復ですね。

 ベースがしっかりしているから、こういう奮起、再起、回復ができるような気がしています。

 世界への信頼感が弱い場合はどうでしょう?

 立ち直る、乗り越える、克服する、ガンバル・・・。

 こういう力強い変化は難しいかもしれません。

 ベース、この世界で生きていくための土台が脆弱だからです。

 こんな場合は、
 社会参加に奮起を求めるよりも、まずは土台作りのように思えます。

 それは、
 今ここでの安全感を十分に味わうことでしょう。

 世界は思ったより安全だよ。
 そこそこの安全は提供されているよ。
 


同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 自分って、いつも現場にいるなと思った話 (2020-01-02 12:00)
 子どもを利用する親とそんな親を利用する子どもの話 (2019-12-25 06:00)
 家族が社会化しすぎるとまずいように思う話 (2019-12-17 06:00)
 ひきこもり期間を一言で言うと (2019-12-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界への信頼感があるからガンバレる
    コメント(0)