瞑想して変わったこと。

2016年04月23日

 昨今、マインドフルネス瞑想などがブームで、

 ご多分に漏れず、私聞風坊もここ数年やっております。

 この瞑想。雑念を払って無の境地に到る。というのが目的ではなく、
 いろいろ考えて感じて身体が反応している自分に気づき、
 そんな自分を雑念ごと穏やかに受け入れる感じ。

 結果として、落ち着きを得るようです。

 例えば、呼吸に意識を向ける場合、
 ふと、意識が昼間の体験に向いて、今この瞑想の場で再体験した時も、

 あぁ昼間のあのことにこだわってたんだなぁ。この嫌な気分はこれにつながってたんだぁ。
と気づいて、
 なるほどなぁと思って、また呼吸に意識を向ける。

 こんなことを繰り返します。

 カウンセリング・セラピーのトレーニングで、今ここでの自分に気づく練習はさんざんやってきましたが、
 瞑想を通しての気づきはまた新鮮です。

 身体からのサインをよく受け取れるようになるというか、
 自分の微妙な状態の変化をよく察知してそれを理解できるようになるというか、

 自分を観察する力が一層増した感じ。

 そしてそれを評価することなく。
 なるほどなぁ。と思いやりを持って受容する。

 それがリラックスしてできるようになってきました。

 具体的なことは次の記事で。



同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 ひきこもりの始まりは「失敗」だった話。 (2020-04-09 06:00)
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
瞑想して変わったこと。
    コメント(0)