フツーに生きるのが夢の人と自分らしく生きるのが夢の人3

2016年04月21日

 前記事の続きです。

 フツーになるのが夢。
 フツーの生活を手にするのが夢。
 になっている当事者がいるのでした。

 さて、世の中、

 夢を持とう!

 のかけ声をよく聞きます。

 夢に向かって頑張れば、いいことがある!

 だから、くじけず頑張り続ける。
くじけても再び立ち上がってまた頑張る。

 そんな風な話の展開によくなります。

 私聞風坊は、この手の話しは、とてもまぶしい感じがしています。

 そして
 少々、胸苦しく、
 少し冷ややかに聞いています。

 なんでしょう、すでに十分フツーな状態を手にしている人の話のような気がするからです。

 安全、安心、人とのつながり、信頼、やすらぎ、手当て、手助けがフツーに手に入っている人が

 さらにその上に、もっと自分らしさ、輝きを求めている感じ。

 ぜいたくといえばぜいたく。

 でも、それがフツーなんですよね。フツーの世界では。

 もし、フツーじゃない世界に生きている子ども、若者、当事者のために、なにかしようとしている人がいるならば、
このあたりのデリケートなことにも思いをいたして下さいませ。

 恐々謹言。

この項終わり。
 

タグ :フツー

同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事画像
【告知】精神疾患を抱える親を持つ子どもの支援についての研修会のお知らせ
【告知】子どもの支援職向け研修会のお知らせ
自己理解のためのジョハリの窓 補足
【告知】 読んだり書いたりする時の困り感についての講演会
同じカテゴリー(心理・カウンセリング)の記事
 家族のことばかり考えている人は自分のことは後まわしの話 (2020-03-29 06:00)
 聞こえないと発言しなくなるかもしれない話 (2020-03-25 06:00)
 日本人は怒りの表情に悲しみを感じるらしいという研究の話 (2020-03-13 06:00)
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フツーに生きるのが夢の人と自分らしく生きるのが夢の人3
    コメント(0)