目標に向けてガンバレル人のこと4

2016年04月11日

 目標を決めて、それに向けてガンバル記事の続き4です。

 闘い疲れてはて、避難している人に、もう一度闘えとガンバルことを迫るのは、
 ものすごくひどいことなのでした。

 夢や希望系の楽しみから始まる明るい未来に向けての目標設定ではなく、

 困難克服系の痛みから始まる目標の設定は、慎重にならねばなりません。

 そもそも、その困難な状況になる過程で、

 自分の力を信じられなくなり、

 他者への信頼もなくし、

 未来への希望を失っていることが多いのです。

 つまり、

 未来へ向けてガンバル素地がほとんどないのです。

 安心感なく、危険に怯えた心理状態でできることは、限られます。

 未来を描けないままで、今少しばかりの安全と、
 ホッとできる感じを
 手にできる自分の力を実感すること。

 それぐらいから始めていくことはできます。

 それは、
 目標に向かって一目散にガンバルという姿ではありません。

 目線を今に向け、
 一つ一つ丁寧にやっていく。
 できたことを一つ一つ喜んでいく。

 そういう味わい深い営みです。

 この項終わり。




同じカテゴリー(トラウマ)の記事画像
トラウマのフラッシュバックの仕組みの話
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
心の傷・トラウマケアのこと 4
心の傷・トラウマケアのこと 3
同じカテゴリー(トラウマ)の記事
 トラウマを負うと恥を感じるとあるけれど (2020-07-30 06:00)
 トラウマ反応で常に興奮してる話 (2020-06-20 06:00)
 心をゆるすと心もとなくなる話 (2020-06-08 06:00)
 トラウマのフラッシュバックの仕組みの話 (2020-04-05 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
目標に向けてガンバレル人のこと4
    コメント(0)