ニートについて 5

2015年12月09日

 ニートについての続き5、ニートとひきこもりの関係についての続きです。

 ひきこもり状態にある人は、
 働ける健康状態にない・スムースに社会参画する状態にないという問題を多くが抱えているので、

 ニートで包含するような、労働場面に限った問題ではないのでした。

 とはいえ、ひきこもる人の就労問題は深刻です。

 人間関係を極力厳選しているひきこもり状態から、
イイも悪いもごっちゃになって関係していかないといけない社会参画状態への移行は困難を極めるからです。
 特に就労することと就労し続けることは困難です。
 
 だからこそ、就労に関する支援は必要なのです。

 それは、ひきこもり型のニートの就労支援と似ているでしょうが、いろいろな点で前提が異なっている違っているでしょう。

 支援する相手は、
 心身の健康状況がより深刻かも知れません。

 家族の介護をしながら社会に出る練習をしなければならないかもしれません。

 まず、福祉制度を活用せねばならないかもしれません。

 就職活動前の準備を細かく何年もやらねばならないかもしれません。

 それは、こもっている人の特性、疾患、問題課題をよく理解した上での就労場所の開拓を含む就労支援となるでしょう。

 こうなると、たとえ支援する相手がニートの範疇に入っているとしてももう、
 ニートというより、ひきこもり就労支援と呼んだ方が適切でしょう。

 そしてそれは、全般的なひきこもり支援のうちの
 欠くべからざる極めて重要な要素となるでしょう。

この項終わり。



同じカテゴリー(ひきこもる)の記事画像
ひきこもりフォーラム2019夏10 end 自己肯定感とか若者、高齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏9 ひきこもり支援の課題のこと
ひきこもりフォーラム2019夏8 ひきこもり初発年齢のこと
ひきこもりフォーラム2019夏6 福祉臭のこと
同じカテゴリー(ひきこもる)の記事
 自立を支援するってのは、自活の支援だけじゃないんじゃないかと思った話 (2020-03-09 06:00)
 予防という発想がおぞましい話 (2020-03-01 06:00)
 不登校とひきこもりの違いについて考えるシリーズ4 最終回 (2020-02-25 06:00)
 不登校とひきこもりの違いの話 その3 (2020-02-22 06:00)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ニートについて 5
    コメント(0)